日本軍最高!

肉じゃが最高

月月火水木金金〜♪

タグ:文苑堂(COMICエウロパ)

9fa25eec.jpg
morningview


出版社:文苑堂(COMICエウロパ)

作者:むかいきよはる
朝、俊くんは自分の下半身に違和感を持ちつつ目を覚ます。
そして「誰だ!?」と布団をめくると、そこにはなぜか幼なじみの鷹乃ちゃんがいて、彼女はヤバイの表情。
俊くんのギンギンに朝勃ちしたモノをつかんだまま、一回抜けば起きるかなと誤魔化すように照れ笑いするが、
彼自身、色々と収まりがつかないのも事実で、その後、二人は朝の貴重な時間を正面座位で汗を流す。
鷹乃ちゃんは自ら腰を振りながら、対面の俊くんに、年上の女性とのエッチな夢でも見て勃起してたんでしょ?と、
快感に目を細めつつもヤキモチを焼いているような言葉を浴びせると、
俊くんは彼女を押し倒して、こういうこと(セックス)に関しては俺はおまえのことしか考えていないと嬉しい否定。
顔を真っ赤にして照れる鷹乃ちゃんを、そのまま正常位で突きまくる。
さらに俊くんは「どうした鷹乃?いきなり締まったぞ?」と問いかけると、
鷹乃ちゃんは悦びに満ちあふれた体をビクンビクンとさせて、
その涙で濡れたイキ顔で答えるのだった。




8215380e.jpg
処女ビッチ


出版社:文苑堂(COMICエウロパ)

作者:夏八
主人公の昌平は、目の前の幼なじみの変わりように驚愕していた。
自分より5歳年下の少女で、名前は唯菜。
かつては昌平を実の兄のように慕う、黒髪眩しい純朴な少女だった彼女が今、
カールした茶髪を大きなリボンで両結びにして、
育ちすぎた巨乳を昌平の平たい胸に押し付けながら、
挑発めいた口調でこう言うのだった。
「エッチしようよ」
しょーちゃんの誕生日だからサービスするとビッチ全開でまとわりつく唯菜に、
昌平は顔を真っ赤にして怒るが、顔が赤いのがそのせいだけではないのは、
彼自身が一番承知していた。
ずっと押し付けられたままの巨乳と、眼下に押し寄せるその吸い込まれそうな谷間に、
昌平は理性のタイトロープを渡りきれるか否かの瀬戸際にいたのだ。
しかし、そんなの嬉しくねえからと、かろうじて唯菜を引き離そうとする昌平に、
彼女は意を決したかのように昌平の下半身にしがみつくと、ズボンを脱がして強制的にフェラチオを敢行。
唯菜の絶妙な舌遣いに翻弄される昌平は、もはや彼女の口の中で果てるしかなかった。




↑このページのトップヘ